3分早わかり!髪・頭皮にダメージの少ない白髪染めを選ぶ5つの秘訣

ダメージのない、頭皮にやさしい白髪染めを選ぶポイントをお伝えします。もちろん男性女性問わず使えるものです。これを機に、髪ダメージ、頭皮ダメージ、ヘアカラーダメージ、おしゃれ染めダメージを改善しましょう!
MENU

手遅れになる前に!髪や頭皮にダメージのない白髪染め選び5つのコツ

白髪染めは少なからず髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。ダメージの少ない白髪染め剤を選びましょう。
ポイントは5つです。

 

無添加の白髪染めを選ぶこと

ダメージヘアや敏感肌などの女性が選びたい白髪染めはやはり頭皮にダメージの少ない白髪染めです。
無添加の白髪染めは添加物が入っていないということになりますから、頭皮にダメージが少ない白髪染めということになります。
成分表を確認して、ジアミン系の添加物が入っていないか調べてみましょう。

 

 

ジアミンアレルギーのないものを

ノンパラベン、ノンシリコン、ノンジアミンという3つの揃った白髪染めは頭皮ダメージが少ないと言われています。
マイルドな染料で素手で使うことが出来ますから、素手で使うことが出来るということは手荒れの心配もなく使うことが出来るということです。
医療機関のスタッフが開発したというアイテムもありますから、それらを選ぶと良いでしょう。

 

 

髪の毛の呼吸を止めないものを

白髪染めはヘアマニキュアなど優しいようなアイテムを使っていても、キューティクルをコーティングするので、髪の毛の呼吸を止めてしまうと言われています。
しかし天然成分を原料にした白髪染めは化学成分を使っていませんから、髪に浸透しても髪の毛の呼吸を止めることなく、ダメージヘアからつるつるへ守ることが出来ます。

 

 

トリートメントタイプを選ぶ

白髪染めでトリートメントタイプがにわかに人気を帯びていますが、これはトリートメントとして使うことが出来て、単純に手間が省けるという点も魅力ですし、さらにはトリートメント効果で髪の毛がつるつになるという効果も持ち合わせています。
もちろん頭皮へのダメージは軽減されますし、徐々に染まっていくので染めたことがばれません。

 

 

続けられるものを選ぼう

ある白髪染めトリートメントは200gで2,680円となっています。
一般的な無添加の白髪染めは3,000円以上するものが多い中、コストパフォーマンスに優れています。
低刺激で、さらにコストも良く、染まりやすいというのがポイントになります。

 

 

このページの先頭へ
チャットレディは完全匿名